3歳の子供を「小児歯科」に連れて行ったら診察拒否された件

WS000000

先日、3歳の娘がアゴのつけ根が痛いというので、歯医者に連れて行きました。

最初は適当なことを言っているのかと思いましたが、3日くらい連続で食べているときだけそういうし、様子から言っても痛がっているのは確実です。

歯が原因なのかは分かりませんでしたが、一番その可能性がありそうに思えたので、とりあえず歯医者に行きました。

ネットで「小児歯科」で調べて、口コミサイトを見たら、近所で好意的な口コミだけが載っているところがあったのでそこに電話しました。
小児専門ではありませんが、小児歯科の看板も出しているようでした。

娘が3歳であることを伝え、「大丈夫ですか?」と確認したところ、電話に出た女の人が「はい」というので、そのやる気のなさそうな超簡潔な返事に一抹の不安は感じましたが、とにかくそこに行ってみました。

呼ばれて診察室に入ると、助手のような女性が出てきました。
しかし、どこに座ってくださいとか、そういう当然あるはずの指示がありません。
ただ立ってニコニコして娘を見ているのですが、私は娘を抱っこしていたので、戸惑いました。

すると奥から初老の男性医師が出てきました。
「どうされました?」と聞かれたので状況を説明しました。
その時点でまだ立ったままです。

医師は説明を聞き終わると、「見てみましょうか?」と私に言いました。
私は、相手の言葉の意味が少しよく分かりませんでした。

症状があって病院に行って、医師に症状を説明したあと、診察するかどうか医師からきかれるって、どういう状況なんでしょうか?
それって、何もかもがおかしいでしょう。

ですが、頭の回転が遅い私は、違和感を感じながらも、「それっておかしくないですか?」などとは言わず、「はい」と中学生のような素直な返事をしてしまいました。

医師はそこで初めて、「どうぞ」と言って、目の前の椅子を指し示しました。

その大人用(子供用の診察いすがあるのか分かりませんが)の大きなイスに娘をとりあえず置きました。
そのあと助手の方と一緒にきちんと娘を座らせるつもりで。

ところが、娘がベンチのように椅子の端に腰掛けただけの状態で、すぐ医師は娘に話しかけました。
「どっちが痛いの?」

娘は左が痛いはずでしたが、右を指し示しました。
私が「こっちでしょ」と左を指し示すと、医師は大きな声で笑い、
「大丈夫だよ。なんでもない」
と、もうこれで完全に一件落着という感じで断言しました。

口の中は全く見ていません。

私が呆然としていると、「子供は食べるのが嫌だったりとかいろんな理由でいろんなことを言うものだから。だからどっちが痛いかって聞いたの」とか、「この年齢で虫歯はほとんどないから」などと言って、それ以上何もするつもりはない雰囲気を濃厚に漂わせ、早く帰りなさいとでも言わんばかりでした。

私も、そういう医者に対して、「そこを押してなんとか診ていただけませんか」などと頼むメリットも感じなかったので、娘に力なく「帰ろう」と言って、娘を抱いて帰りました。

娘はそのとき左右逆の方を指さしましたが、それは痛みがないときに聞かれたからであって、実際に痛がっているときは間違えるわけもありません。
好きなものを食べているときも痛がっていましたし、何より3歳の自分の子供が嘘で言っているのか、本当に痛がっているのか、親が分からないわけがないでしょう。

3歳の子供に虫歯がないというのも、相手が素人だと思って言ったのでしょうが、そんなわけがありません。
実際に、同じ保育園の子も、虫歯で治療しています。

おそらく、小児歯科の看板は掲げていても、診るのが大変な小さい幼児に対しては、いつもそんな風にあしらっているのでしょう。
でも事前に電話で年齢を伝えて確認しているのですから、その時点で断ればいいことです。

そういう医者に当たったのも運が悪かったのでしょうが、納得できないのはそれでも治療費を取っているということです。
渡された診察券にはきっちり記録が付けられていました。

幸い、受給券が市から支給されているので支払いはありませんが、税金を納めているからそれをもらえる訳であって、間接的にはその医者に支払っているのと同じです。
子供がいない市民まで、間接的にそんな医者に支払っているわけです。

あまり腹が立ったので、その歯科を選んだときに見た口コミサイトにありのままを投稿しようかと思いましたが、もう一度そのサイトをよく見てみて、その歯科以外のどの病院の口コミにも、悪い評価は一切載っていないことに気づきました。

投稿欄を見てみると、説明に、「管理者が審査の上、不適当と判断した投稿は掲載しません」とか、「クレームや誹謗中傷を目的としたものは掲載しません」などと書いてあります。

要するに、悪い評価は一切載せず、良い評価しか載せていないのです。
それでは何のために口コミサイトとして存在しているのか分かりません。

憤慨しながら、他の口コミサイトを探してみましたが、いろいろあったものの、どこもすべて同じでした。
悪い評価をまとめて載せているところもありますが、その場合名前など、どこの医院かが特定できる情報は伏せられています。

そんなの、投稿した人に対してかえって失礼というものでしょう。

要するに、広告収入のために運営しているのであって、訪問者の便宜のために運営しているのではないということなんですよね。

でも、訪問者にとっては迷惑ですよ。
よく見なければ悪い評価を載せていないことに気づきませんし、最初に見たところで好意的な口コミばかり読んだら、私みたいに素直に良い病院なんだと判断して行ってしまうじゃないですか。

そんなことを考えていたら、その医者よりも、口コミサイトの方に、より腹が立ってきてしまいました。

ちなみに、そのあと普通の小児科に連れて行って見てもらったら、ウィルス性の風邪でリンパが腫れていると言われました。
アゴを動かすと触って痛いのだろうと。
でも軽いので2、3日もすれば治るだろうという診断でした。

結果、その通りになりました。