平安時代院政期を舞台にした希少な小説「祇園女御」を読んだ感想

sirakawa

瀬戸内晴美(瀬戸内寂聴)の「祇園女御」を読みました。

「祇園女御」という題名ですが、祇園女御が主人公というわけではなく、白河法皇やその女御の藤原道子、道子や輔仁親王に仕えた侍女、傀儡の棟梁などを主役とした群像劇といった感じで、祇園女御もその一人です。

瀬戸内晴美(寂聴)の作品は、「源氏物語」の現代語訳しか読んだことがありませんでした。

源氏物語は、1000年前の小説?としてはびっくりするほどよく出来てはいましたが、同じような話が延々と続くあまりの長さに、正直、辟易しながらやっとのことで読み終わった記憶があります。

祇園女御を読み始めてからしばらくは、雰囲気が源氏物語に似ているように感じました。
最初のほうの主人公が藤原道子だったためか、源氏物語と同じ、宮中を舞台にした恋愛小説という感じでした。

最後までこんな感じていくのかなと思って読んでいたら、侍女のあかねに主役が変わって、下賤の者の世界に舞台が移ると、傀儡の棟梁など怪しげな登場人物もいろいろ出てきて、雰囲気がどんどん変わってきます。
忍術みたいなものを使う神出鬼没なセムシ男とか、夢枕獏の小説みたいな雰囲気にもなります。

そのあたりからどんどん話に引き込まれて、終わってみれば、面白い小説だったなあというのが実感です。

荒唐無稽な場面もありますが、全体的な印象としては時代小説というよりはやはり歴史小説で、白河法皇の独裁者ぶりや、堀河天皇のお飾りとしての哀しさなども強く印象に残ります。(白河法皇などは、いかに1000年前の人とはいえ、実在の自分物を、こんなにおとしめていいのだろうか?と思うほどです)

最初は源氏物語と同じように、政治のことなどは出てこないのかなと思いました。
でも平忠盛と白河法皇の絡みのあたりでは、貴族から武士に主役が変わりつつある時代の貴族の焦りなども描いていて、時代の雰囲気も出ています。
源義家はもちろん、藤原清衡の名前なども出てきて、「炎立つ」の次にこの小説を読んだので嬉しくなってしまいました。
作者もタイトルも雰囲気も違っても、時代背景によって連続性を感じられるのが、時代順に歴史小説を読んでいくことの楽しさですね。

今まで、奈良時代から平安時代にかけて、永井路子や杉本苑子の小説をたくさん読みましたが、今回、そのどれよりも面白いと思いました。

永井路子や杉本苑子の小説は、一部の例外を除いて、基本的に、登場人物は名前が残っている実在の人物だけがメインです。
この小説には白河法皇はじめ、実在の人物ももちろんたくさん出てきますが、同じように、名もない庶民もたくさん出てきて、彼らの描写が見てきたようにリアルです。

そして、セックスの描写や、嫉妬などのドロドロした感情の描写が、しつこいまでにリアルです。
このあたりは、不快に感じる読者もいるかもしれません。
その時代の女性の哀しさも、深く描いています。

全体的に、奥が深い小説という印象で、瀬戸内寂聴さん本人の人生が凝縮されてるような感じもします。
せっかく源氏物語を訳したのに、もっとたくさん平安時代の小説を書いてもらいたかったですね。