ファインディングドリーとズートピア、4歳の娘はズートピアに軍配

WS000000

「ファインディングドリー」を見に行きました。

「ニモ」のとき、ドリーは正直あまり好きではなかったんですけどね。あまりにもイライラさせられるから。

でも今回はそれが主題だと分かっていたから、かえってイライラせずにすみました。

ドリーの親が貝殻で道しるべを作っていた場面では涙が出ました。

自分が親になってから、映画でよく泣きます。

涙もろくなったというより、やっぱり泣けるポイントが増えたんですよね。

ニモを初めて見たときは、ニモの方により感情移入していたような気がしますが、今回ドリーを見る前に予習でニモを見たときは、完璧にマーリンだけに感情移入してました。

4歳になったばかりの娘は、2カ月前にズートピアを見たときは最後まで退屈せずに見たのに、今回は、最後の方で「もう帰りたい」とゴネはじめてしまいました。

確かに、ストーリー的にはドリーの方が単調なんですよね。
両方いい映画だけど、やっぱりズートピアの方が名作かな。

まあ、娘的には、ただ単にウサギと魚ではウサギの方が好きだったのかもしれませんが(笑)。

映画