インサイドヘッドを3歳の子供と観に行ったら親がビンボンに泣かされた

WS000000

ディズニーの「インサイドヘッド」を舞浜のイクスピアリに親子3人で観にいきました。
3歳の娘は、アンパンマン以来、人生で二回目の映画館です。

娘はディズニー映画が大好きで、特に「不思議の国のアリス」や「シンデレラ」「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」あたりがお気に入りです。
あとは「白雪姫」、「ファインディングニモ」や「バグズライフ」あたりも好きです。

ディズニーの映画って、ストーリーがよく分からなくても、画面を見ていてとりあえず退屈しないから、小さい子でも長い時間見てられるんですよね。

ふたりで家に居て、こちらが何かしたいときなんかは、ディズニー映画を見ていてもらえば少し時間が稼げるから重宝しています。

一緒に観ていても休憩できるし、だいいち親が観ても普通に面白いですからね。
「塔の上のラプンツェル」なんて、正直、個人的に恋愛映画のベスト3に入ります。

インサイドヘッドは、まさに「眺めているたけでも退屈しない映画」でした。
ストーリーの内容は意外に難しいかもしれないと思いましたが、幼児が見ていても映像的に面白いし、主人公の小学生くらいの子が見ても当然面白いだろうし、親との葛藤も映画の主題だから、親が見ても面白い。
誰が見ても面白いと思えるような映画でした。

でもディズニーって、当然狙ってそういう風に作ってるんだよね。

娘は、映画が終わるまで、口をポカンと開けながらも、グズルことも寝ることもなくちゃんと見ていました。
それを見て、ディズニー映画のすごさを改めて感じました。

私的にも、かなり面白い映画でした。
特に、ビンボンが自分を犠牲にしてヨロコビを助け、記憶から消えていくシーンは思わず涙が出ました。

身を犠牲にして誰かを助けるというお約束の感動プラス、昔の記憶が消えていく儚さが入り混じって、なかなか深く感情を揺さぶられるシーンでした。

昔は頭の中に、ビンボンみたいなやつ、いたような気がします。
何回も同じ夢を見て、見る度に懐かしい気持ちになる夢がいくつかあったような気がします。

それぞれに、その夢にしか出てこないキャラがいたと思いますが、もうどうやっても、思い出すことはできませんね。

ビンボンおしゃべりぬいぐるみ

ビンボンおしゃべりぬいぐるみ
価格:4,690円(税込、送料込)